こんにちは!

何時も私のブログに訪問して戴き有難うございます、

久しぶりにブログにアップしたいことを

書きたいと思います。

ところで

この記事を書いていて
すこし私の子供とダブってしまいました。



では、この話は

オーストラリアのオールドバーに住む
6歳のタイラー・サンダースという男の子の話です、

2016-07-19_144801














タイラーは体に走る激痛のため毎晩のように
うなされていました。

真っ赤に腫れ上がった湿疹が
生まれたころからずっと体中にできていたためです。

タイラーの皮膚症状800x640











激しい痛みと尋常でない止まらないかゆみのせいで、
タイラーとその両親は日々気の休まるときがないほど
苦しんでいました。

彼の状態をずっと近くで見てきた
母親のデビーさえこれから息子はどうなるのだろう??
そんな恐怖に打ちひしがれていました、

それもそのはず

どんどん悪くなるタイラーの湿疹に困惑し、
絶望を感じていたといいました。

デビーもまた、
タイラーの症状がこれほど
長い間続くとは思っていなかったのです。

医者に連れていっても、
診断は 一般によくある「アトピー性皮膚炎」というものでした。

アトピー性皮膚炎










でも、母のデビーはおかしい??と疑い
病状をもっと激しいものだと医師に訴えても

医者は真剣に取り合ってくれなかったそうです。


でも母のデビーは
彼の辛さを何とかわかってもらおうと、
何枚も写真を撮ったといいます。

彼女はそれだけ必死だったのです。

なぜなら、

タイラーはこの症状のせいで
人生に大きな影響を受けていたからです。

タイラーは痛みとかゆみで夜も眠れず、
学校もほとんど通えずにいたのです。

たまに登校に登校できたとしても、
周りの子供たちから嫌な言葉を聞いたり
からかわれるだけでした。

そんな息子を見ていた
デビーは息子のために、
できることは全てやったそうです。

手袋をさせてみたり、様々なクリームを試したり、
辛さを和らげようと保湿用包帯を巻いてみたり…
それでも全く改善の兆しすら見えない状況にあきらめかけていた

そんな時!

インターネットである医師からの連絡を受けます。

リチャード・アーロン博士です。

リチャード・アーロン博士














リチャード・アーロン博士は
南アフリカで皮膚科の専門医を務めており、
世界でも有名な皮膚炎のスペシャリストとして名をはせていた医師だったのです。

博士はオンラインでの診断を行った後
ローションと、副腎皮質ステロイド、
そして抗生物質を配合した軟膏の使用を母デビーにすすめます。


アーロン博士の言葉に希望を抱いた母デビーは、
40ドルかけて言われた通りの成分が含まれた軟膏を取り寄せました。

このとき彼女は、

この薬が劇的な効果を生むとは全く想像していなかったといいます。

でも2か月もしないうちに、
タイラーの湿疹は完全に消え
やがて新しい皮膚が再生されてきました。
タイラーにとっては新たな人生の始まりとなったのです。


彼はようやく痛みとかゆみから解放され、
自分の好きだったダンスに打ち込めるようになりました。

タイラーは現在路上パフォーマーとしての許可証を取得し、
ストリートダンスを始めようと考えているそうです。

2016-07-19_145042


















彼は今、皮膚病で苦しむほかの子供たちのため、
アルバイトで得た給料の一部を
医療団体へ寄付することを考えているそうです。


そして両親もまた、
彼の人生を180度変えてくれたアーロン博士に
出会えたことを感謝し、心から喜んでいます。
 

母デビーがタイラーの皮膚病の劇的に変化をする姿を
収めた動画はこちらです↓



フェイスブック タイラーに祝福を!

どれだけ慢性的な病気を抱えていたとしても、
絶対に希望を捨ててはいけないという事を考えさせてくれる
タイラー君です。

彼の今の微笑みがそれを証明していると思います。

今までの苦しみに対して
驚きの変化をもたらしてくれた
アーロン先生にお大きな拍手を送りたいですね!


タイラー・サンダースに愛の祝福を!
リチャード・アーロン博士に愛の祝福を!


この世は
愛の心次第で良くもなるし 悪くもなる

全てが愛の心

すべてひとつ
(ワンネスの意識)

命はひとつ

ここでこの動画をシェアーします。

すべての皆様に天の愛が届きますように・・・・祈ります。

 


世界の人々が皆様の愛の光で
癒され、すべての人が愛の意識に
目覚められますように

ワンネスの意識に目覚めますように。

祈ります。


最後までご覧くださいまして
有難うございました。



天の愛の光の導きに感謝。

Masanori Moriyama














スポンサーリンク
スポンサーリンク